MinecraftがJavaエディションとBedrockエディションの両方を含むバンドルでGamePassPCに登場

Minecraftは、11月2日にバンドル形式でPC用ゲームパスに登場します。

このゲームは、Xbox用のゲームパスを通じてすでに利用可能であり、しばらく前から利用可能ですが、PC向けのサービスで利用可能になるのはこれが初めてです。

このコンテンツを表示するには、ターゲティングCookieを有効にしてください。 Cookie設定を管理する

このバンドルはMinecraft:PC Bundleと呼ばれ、ゲームのJavaエディションとBedrockエディションの両方が含まれています。

クロスプレイは、Windows 10、Windows 11、およびコンソールでも有効になり、統合されたMinecraftLauncherからさまざまなエディションを切り替えることができます。

このニュースは本日、MineconLiveで発表されました。

Minecraftは2009年に最初にリリースされ、2020年5月の時点で、ゲームの2億部以上が販売されています。 昨年の時点で、毎月約1億2600万人がゲームをプレイしていると推定されています。