鏡の中の孤独な城 アニメ映画がシュトゥットガルト映画祭で特別賞を受賞

©2022「かがみの孤城」製作委員会

辻村深月の小説『かがみの孤城』のアニメ映画が、ドイツのシュツットガルト国際アニメーション映画祭でAniMovie賞の特別賞を受賞した。 フェスティバルは4月23日から28日まで開催されました。

審査員はこの映画が「ありそうもない友情を通じて孤独を克服するという重要なテーマを扱った勇敢かつ繊細なストーリーテリング」で特別賞を受賞したと述べた。

ブノワ・シュー監督の『シロッコと風の王国』が、今年の主要な AniMovie アワードの最優秀長編アニメーション映画賞を受賞しました。

2010年に宮崎駿監督の『ポニョ』がアニムービー賞、2014年に新海誠監督の『言の葉の庭』が受賞。2019年には細田守監督の『ミライ』が受賞。片渕須直監督の『この世界の片隅に』がアニムービー賞特別賞を受賞2017年に。

『鏡の中の孤独な城』は2022年12月に日本で公開された。GKIDSは2023年6月に北米の一部の劇場でこの映画を英語字幕付き日本語および英語吹き替え付きで上映した。

原恵一(『カラフル』『ミス北斎』『ワンダーランド』)がA-1 Picturesで監督を務めた。 原監督の映画『ミス北斎』や『ワンダーランド』の脚本を書いた丸尾美穂が脚本を担当した。 キャラクターデザインは佐々木啓悟氏(青の祓魔師、ERASED、七つの大罪)が担当し、総作画監督も務めた。 『ワンダーランド』のキャラクターデザインを描いたロシアのアーティスト、イリヤ・クブシノフがビジュアルコンセプトと城のデザインにクレジットされた。 原監督のこれまでの映画の音楽を作曲してきた富貴晴美が、今作でも再び音楽を担当した。 配給は松竹。

日本アカデミー賞優秀映画協会の第46回アニメーション・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた。

Doubleday は 2021 年 4 月にこの小説を英語でリリースしました。

Autor