日下部篤也が今スクナに勝てる本当の理由 – 解説

呪術廻戦ファンは2024年3月11日の第253話の公開を心待ちにしているが、すでにネタバレが表面化しており、ファンの間で熱い議論が巻き起こっている。 最新の洞察は、日下部篤也が顕著に現れ、潜在的に恐るべき呪いの王と魅惑的な一対一の対決で対峙する可能性があることを示唆しています。

この章は、マキとスクナの間の激しい衝突の魅力的な継続で展開され、スクナの優位性は明らかですが、それでもスクナはマキの恐るべき才能を賞賛します。

争いの最中、イノが争いに加わり、戦略的にスクナの注意をそらして、ナナミの刃による日下部の決定的な攻撃への道を切り開く。 緊張が高まる中、戦闘に参加することをためらうものの、スクナに立ち向かう唯一の人物として日下部が現れる。

呪術廻戦のスチール写真(クレジット:芥見下々)

皮肉なことに、日下部には呪われた技術が欠けており、戦場での彼の武勇を妨げることはできない欠陥がある。

ニューシャドウスタイルのアンチドメインテクニックの習得により、彼は魔術師の頂点に位置し、呪われたエネルギーの恐るべき出力と相まって、スクナ自身に挑戦できるシリーズの最も恐るべき魔術師の一人となっています。

日下部篤也の台頭:宿儺に対する恐るべき競争者

リークされた詳細によると、呪術廻戦第253話はフラッシュバックで始まり、最強の一級呪術師に関する呪術高校の最も恐るべき呪術師たちの意見を掘り下げている。

五条、七海、メイメイは皆、日下部篤也がこの名誉ある称号を持っていると主張するが、日下部自身は謙虚に反対し、別の魔術師が優れていると主張している。

呪術廻戦のスチール写真(クレジット:芥見下々)

その後、ネタバレは第 252 話で始まった戦いの続きに移ります。スクナはマキへの攻撃を強化しますが、イノによって阻止されるだけです…

Autor