志村貴子の新たなスタート、短編マンガ連載開始

志村貴子が3月21日、Twitterで、これまで連載していた読み切り漫画『ふたりでひとりぐらし』が定期連載されることを発表した。 同日発売の文藝春秋「文春WOMAN」春号で初連載となる。

この漫画は、独身生活を送る隣人である 2 人の女性の日常生活を描いています。 文藝春秋は当初、12月22日発売の同誌創刊5周年号に読み切りを掲載した。

志村貴子 旧漫画『淡路島百景』(クレジット:太田図書)

志村さんは最近、こいいじのスピンオフ漫画『初恋の次』を発表し、4月25日から講談社の『Kiss』誌で連載が始まる予定だ。さらに、志村さんの新作漫画が祥伝社の『OnBLUE』ボーイズラブ誌70号で発売される予定だ。雑誌も4月25日発売。

以前、志村は漫画『淡路島百景』を制作し、2011年7月に太田出版のオンラインマガジン『ポコポコ』でデビューし、その後Ohta Web Comicに移籍した。 このシリーズは、2022 年 8 月に第 4 巻が発売されて終了しました。

本日発売の文春WOWAN春号に漫画載せてます。前回読み切りだった『ふたりでひとり暮らし』連載化です。隣同士でそれぞれひとりで暮らすご婦人ふたりの日常こぼれ話、よろしくお願いいたします! pic.twitter.com/Ais967xR9G

— 志村貴子 (@takaKOSHIMURA) 2024 年 3 月 21 日

志村さんの代表作には『放浪息子』や『甘い青い花』などがあり、どちらもそれぞれ2011年と2009年にテレビアニメ化されている。 彼女はまた、『アルドノア・ゼロ』、『バッテリー ジ アニメーション』、『オーバーテイク!』などのアニメのオリジナル キャラクター デザインも提供しました。 レースアニメ。

志村貴子 元漫画「淡路島百景」(クレジット:太田)

Autor