倉田蓑路『薬屋の日記』漫画版、作者出産で休載へ

©日向夏・しのとうこ・倉田みのじ・小学館

小学館のマンガサイト「サンデーうぇぶり」は月曜日、日向夏さんの「薬屋のひとりごと」を原作とした、倉田蓑路さんの「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」のマンガ化を発表した。 「のひとりごと」ライトノベルシリーズは、1月に出産後、育休のため休載する予定。 倉田さんは今夏に漫画を再開する予定だ。

倉田さんは2017年8月に小学館の月刊サンデーGXでこの漫画を連載し、2018年12月にサンデーうぇぶりで漫画のオンライン出版を開始した。小学館は2018年2月に漫画の単行本第1巻を出版し、3月19日に第18巻を出版した。 『魔王の高校ナゾトキ手帖』は、猫くらげによる『薬屋の日記』というタイトルの漫画化作品のオリジナルのライトノベルシリーズの別の漫画化作品です。

ネコクラゲの『薬屋のひとりごと』のマンガ版は、2017 年 5 月にスクウェア・エニックスの月刊ビッグガンガンで発売されました。スクウェア・エニックスは、3 月 25 日にマンガの第 13 巻を出版しました。スクウェア・エニックス・マンガは、このシリーズを英語で出版しています。

原作は日向夏氏が2011年10月より「小説家になろう」にて連載を開始し、2014年8月より主婦の友社よりしのとうこ氏のイラストによる書籍版の刊行を開始した。

J-Novel Club は小説シリーズをデジタルで出版し、そのストーリーを次のように説明しています。

東には皇帝が統治する国があり、その妃や仕える女性たちは後宮である後宮として知られる広大な複合施設に住んでいます。 田舎町で薬屋の父親に育てられた地味な少女・猫猫は、後宮が自分に関係するとは夢にも思っていなかった――彼女がなるまでは…。

Autor