シティーハンターの実写映画化がNetflixチャートを独占

Netflixは、北条司原作の漫画『シティーハンター』の新作日本の実写映画化作品が、初週となる4月22日から28日の週のNetflixの週間世界非英語映画トップ10ランキングと日本におけるNetflix映画トップ10でトップの座を獲得したと発表した。プラットフォーム上で。 この映画は合計 530 万回の視聴と 910 万時間の視聴を記録しました。

また、『シティーハンター』は、グアドループ、マルティニーク、レユニオン、香港、台湾を含む 32 か国の Netflix でトップ 10 映画内にランクインしました。 この映画は4月25日にNetflixで全世界初公開された。

シティーハンターの実写映画化がNetflixでトップに (クレジット: Netflix)

香港、韓国、フランスを舞台としたこれまでの映画化とは異なり、この映画『シティーハンター』は東京の新宿区の実際の街路で撮影されました。 舞台を現代の東京に移しながらも、主人公・冴羽獠の特徴的なロングコートなど、漫画の象徴的な要素はそのままにしている。

実写映画『シティーハンター』キャスト・スタッフ・主題歌

冴羽獠役を鈴木亮平、ヒロイン槇村香役を森田美里、冴羽獠のパートナー槇村秀幸役を安藤政信、刑事の野上冴子役を木村文乃が演じる。 監督は佐藤祐市、脚本は三島達弘、音楽は大友良英が担当した。

高橋信一がエグゼクティブプロデューサーを務め、三瓶圭介と押田康介がプロデューサーを務めた。 この映画は、ホリプロとオフィス・シロウの協力により、Netflix によって制作されました。

シティーハンターの実写映画化がNetflixでトップに (クレジット: Netflix)

「Get Wild Continual」と題された映画のテーマソングは、オリジナルのシティーハンターアニメでフィーチャーされたバンドTM Networkによる象徴的なエンディングソング「Get Wild」の新しい演奏です。

シティーハンターの漫画は、コアミックスとイマジニアのマンガホットアプリとウェブサイトで英語で入手でき、次の作品です…

Autor