となりの妖怪さん 第6話

© noho・イースト・プレス/「となりの妖怪さん」製作委員会

先週のエピソードの(文字通り)次元を揺るがすような展開は、最後までに衝撃的なほど早く終わったものの、家族の亀裂からユーリの心にはまだ多くの痛みが残っていた。 結局のところ、別の現実から来た完全に人間のドッペルゲンガーと場所を交換することさえ、お父さんとの古き良き時代の対面での会話の代わりにはなりません。 それは、形を変える化けつねでさえ、心の底では私たちと同じように人間であることを示しています

さて、皆さんに正直に言います。私は『となりの妖怪さん』のこの章をまだ楽しんでいますが、「エピソード 06」は、このシリーズが、まあ、少し退屈になりそうになったのは初めてです。 誤解しないでください。私は、ゆりが兄の椿と再会し、父親と和解しようとし、最終的には淵ヶ森の愛する人たちに慰めを見つけるのを見るのがうれしいです。その部分はかわいいです。 ただ、今週の物語のユーリのパートの非常に息苦しく控えめな雰囲気が、私の好みには少し地味すぎるのです。 ユーリと家族との対立は、あまり説得力のあるドラマにはなりません。 また、物語がより意図的にペースを調整された人生の一部の物語として機能するのを妨げるのに十分な緊張感もあります。 先ほども言いましたが、これはまだ堅実なエピソードでしたが、私のお気に入りの『となりの妖怪さん』とは程遠いです。

ユーリの物語がうまくヒットしないもう 1 つの理由は、それ自体が 20 分間の上映時間を保証するほど注目を集めるのに十分ではないことだと思います。 それでも、エピソードの他のスレッドは陰謀で家を崩壊させているわけではありません。 ブキオはいつものように完璧だが、遅ればせながら運転免許を取得したという見返りは、ただのかわいい思いつきにすぎない。 ムツミとジローは、ジローの家に戻って一緒に過ごす時間を増やします…

Autor