『BLUELOCK』シーズン2、10月公開

金城宗幸原作、野村優介作画によるサッカー漫画『BLUELOCK』のテレビアニメ化作品の公式Xアカウントが月曜日、エキサイティングなニュースを発表した。シリーズの第2シーズンが今年10月に上映される予定だという。

この発表を記念して、野村は待望のシーズン 2 の初回放送日を記念する特別なイラストをファンに提供しました。

24 エピソードで構成されるアニメの最初のシーズンは、日本では NUMAnimation 番組ブロックの一環として、2022 年 10 月にテレビ朝日とその関連ネットワークでスタートしました。 Crunchyroll は放送と同時にシリーズをストリーミングし、ファンが楽しめる英語の吹き替えも提供しました。

『ブルーロック』シーズン2記念イラスト(クレジット:野村祐介)

アニメシリーズに加えて、ファンは日本で4月19日に三宮康太のスピンオフマンガを原作としたアニメ映画『BLUELOCK -episode nagi-』のプレミア上映にももてなされた。

この映画は興行収入でも話題を呼び、公開初週末でチケット33万7,000枚を売り上げ、約4億6,300万円(約299万米ドル)を稼ぎ出し、日本の興行収入ランキングで第2位の座を確保した。 北米のファンは 6 月 28 日に映画のプレミア上映を視聴できます。

ブルーロック施設に入る前の凪清士郎の物語を語るこのスピンオフマンガは、講談社USAパブリッシングの目に留まり、2024年秋から印刷版で発売する計画を発表した。

もともと2018年8月に週刊少年マガジンで連載された『BLUELOCK』のメインマンガは高い評価を集め、2021年の第45回講談社漫画賞で名誉ある最優秀少年マンガ賞を受賞した。

5 月 16 日に第 29 巻の発売が予定されている『BLUELOCK』は、その激しいサッカー アクションと魅力的なキャラクターで視聴者を魅了し続けています。

Autor