『呪術廻戦』チョソにふさわしい結末: 意見の異なるファンが誤解される理由

呪術廻戦第259話で弟の虎杖悠仁を両面宿儺から守るために自らを犠牲にしたチョソの死は、シリーズで人気が高まっていることもあり、ファンに深い影響を与えた。

多くの人が彼の死を悼み、彼にはもっとハッピーエンドがふさわしいと主張しているが、彼の死は彼のキャラクターの本質と物語のテーマと完全に一致している。

呪術廻戦を通してのチョソの旅は、家族に対する彼の揺るぎない献身によって定義されています。 彼は兄弟たちに復讐して守りたいという根深い願望を抱いており、兄としての役割を果たせていない自分を責めさえしていました。

Chosoにふさわしいエンド

ユウジとチョソ

この衝動により、彼はカリングゲーム編で剣雀と対峙し、最終的に共通の敵に対して勇二を含む魔術師を助けるために忠誠を切り替えました。

長宗の死の極めて重要な瞬間は、彼の無私の性格を強調しています。 ユージを守る彼の究極の行為は彼のキャラクターアークの集大成であり、個人の幸福よりも家族を一貫して優先していることを示しています。 スクナの怒りから雄二を守るために自らを犠牲にすることで、チョソはシリーズに織り込まれた犠牲と家族の絆のテーマを体現しています。

作家・芥見下々によるチョソの死の処刑は感動的であり、功績があり、出発前にこのキャラクターに重要な成長とスポットライトを与えている。 この物語の選択は、チョソを他の脇役とは区別し、彼の物語に熱中したファンに終結と感情的な共鳴をもたらします。

加茂長宗

チョソの敵対者から味方への進化は、キャラクターとしての彼の複雑さと成長を強調しています。 当初は、呪われた子宮の兄弟の死に対する復讐を求める敵として登場しましたが、

チョソはユウジとの家族的なつながりを発見し、彼の動機を変えた。 彼は重要なストーリーアークに貢献しました…

Autor