「薬屋のひとりごと」漫画家、妊娠のため休載へ

小学館のマンガサイト「サンデーうぇぶり」は月曜日、日向夏さんのライトノベル「薬屋のひとりごと」シリーズを原作とした倉田蓑路さんのマンガ「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」に関するニュースを共有した。

1月に新しい家族を迎えた倉田さんは、育児に専念するため漫画はお休みする。 ただし、ファンはこの夏頃に漫画の連載が再開されることを期待できます。

薬屋のひとりごと(クレジット:東宝アニメーション)

この漫画は、2017年8月に小学館の月刊サンデーGXで初登場し、2018年12月にサンデーうぇぶりに掲載範囲を拡大した。それ以来、小学館は18巻の合本版を発売し、2018年2月に初版が店頭に並んだ。

興味深いことに、Nekokurage 氏のご厚意により、『薬屋のひとりごと』のマンガ版がもう 1 冊あります。このマンガは、2017 年 5 月にスクウェア・エニックスの月刊ビッグガンガンで連載が始まりました。スクウェア・エニックスのマンガはこのバージョンを英語で出版しており、第 13 巻は最近 3 月 25 日に店頭に発売されました。 。

アニメの壬氏と猫猫(クレジット:東宝アニメーション)

日向夏による原作のライトノベル シリーズのルーツは、2011 年 10 月にオンライン プラットフォーム「小説家になろう」に遡ります。十分な勢いを得て、主婦の友社の厚意により、2014 年 8 月から印刷物に躍り出ました。読書体験を向上させます。

Autor